本文へ移動

研究開発について

地表移動ロボット、空中移動ロボット、水上移動ロボットに関する移動技術、制御技術、環境情報取得技術、遠隔操作技術、自律動作技術といったフィールドロボットに関する基盤技術の研究開発を進めております。また、これらを統合し、実フィールドで動作する無人探査用フィールドロボットの実現を目指しております。実フィールドで実証実験を行うことが、この研究室の大きな特徴です。特に、火山災害対応ロボットの研究開発では、毎年、伊豆大島や浅間山などでフィールド試験を行っています。

研究室について

永谷の所属は未来科学技術共同研究センターであり、工学研究科を兼担しております。そのため、フィールドロボティクス研究室は、未来科学技術共同研究センターの研究室であると同時に、工学研究科 ロボティクス専攻の協力講座でもあります。学生にとっては、機械系の研究室と考えて頂いて、問題ありません。研究室は、青葉山キャンパスの西、駅から徒歩1分のレアメタル棟にあります。(アクセスについては、こちらをご覧下さい。)

一緒にフィールドロボットの研究を行いましょう

Keiji Nagatani

当研究室は、工学研究科 ロボティクス専攻の協力講座であり、学部3年生の研究室配属は、機械系の研究室配属のルールに従います。また、大学院の入試については、内部進学生と他大学からの進学生について、特に区別はなく、学生定員も、十分大きく取っております。他大学・高専専攻科からの進学を歓迎します。研究内容、試験情報、学生生活など、質問がありましたら、気軽にお問い合わせ下さい。また、訪問・見学も歓迎します。詳しくは、staff (at) frl.mech.tohoku.ac.jp まで、お問い合わせ下さい。